こんなこと言えた小学生!

January 27, 2017

 

寒い日が続きますが、いつも元気いっぱいの子どもたち!

 

私が元気をもらっています♪

 

どのクラスの子たちも、それぞれに伸びてきているのを感じ、すごいなぁ!と感心することもしばしばです。

 

先日、小学生のレッスンが終わった後、お母さんがお迎えにいらしていて、私と話をしていました。

 

その間待っていた1年生の男の子。勝手に教室の電気を消したり、隠れたり、楽しそうに一人遊び。

 

そして、電気の消えた部屋で、”I can't see!" (見えないよ~。)と言ったり、 ”Scary!"(こわい!)と言っているではありませんか!

 

確かに、レッスンでやりました。

I can't see は割と頻繁にやっていますが、Scaryを覚えたのは、けっこう前だったはず・・・・・。

 

それを覚えていることがまずスゴイ!!

 

そして、状況に合わせて英語が出てくることがますますスゴイ!!!

 

英語を習得していく上での課題はいろいろあり、子どもによっても得意不得意があるので様々ですが、私が教えていく中で課題としてあげていることのひとつが、

 

「状況に合わせて英語で言える」ということ。

 

いくらたくさんの表現を覚えても、ふさわしい場面で使えなかったら意味がありません。

 

なので、幼児のレッスンからなるべく子どもにもわかりやすい状況を作り、「この言葉はこういう時に使うんだ~」と感じてもらえるようにしています。

 

それをちゃんと習得していたRくん、素晴らしい!

 

先生、感動!の瞬間でした(^^♪

 

 

 

 

Please reload

特集記事

シール表のごほうび♪

March 3, 2017

1/1
Please reload

最新記事

December 2, 2018

November 12, 2018

October 19, 2018

October 13, 2018

October 6, 2018

Please reload

アーカイブ